Welcome Guest 
トップ  >  霊的ベジタリアン生活  >  寝ている間に起きること
人間は、寝ている間に霊界に帰り、
霊的な指導を受けていることが多いが、
起きて現実に帰ると、脳の記憶には残っていない。

しかしその教えは霊的な記憶には確実に残っていて、
内なる神(神性)の部分に植えつけられている。

毎日自分の神性にアクセスし使用していると、
理性と神性の間にあった垣根は徐々に取り払われていき、
徐々にシンクロしてくる。

そうすると、霊的な指導もダイレクトに感じやすくなり、
起きたときに心に残っていたりする。

人間が寝ている間に霊界に帰るなどというと、知らない人はまず疑う。
それもそのはず、人間は神の計らいで霊的な記憶は思い出し難くなっているからだ。筆者も、最初にそれを知った時はとてもではないが信じられなかった。

しかしその後ベッドで幽体離脱を体験してからは、それが本当だと確信に近くなった。それはもう、眠ると同時に体から抜け出すのである。
その時の様子は、うつ伏せだったのだがシュワシュワ~ッと蒸気のように軽くなり、背中から上に上がっていった。
寿命で死ぬときはこのような感じだろうと思う。その後またそのまま身体にはまってしまった。
よく、居眠りして起きた瞬間に、身体や手が『ガクッ』と関節がはまったようになることがる人は多いと思う。それがまさに、起きた瞬間に幽体が身体にガコッと引き戻されたのが体感できたのではないかと思う。

さすがに霊界のことは思い出せないが、幽体離脱を覚えている人は結構いる。
それが下に述べるような金縛り後に幽体離脱する例である。

人は疲れているときや不規則な睡眠を続けているとバランスが崩れて、
眠りにつくときに、体だけが眠っていて意識だけが起きてしまうような状態になることがある。これが金縛りで、この後、たいていは脳が幻覚(たいていは他人)を見たりするので怖くなってなんとか金縛りを解こうとしてしまい、たいていはここで終わる。しかしその後幻覚に慣れてしまい、そのままの状態を保っていると幻覚は消えて、自分の幽体が体から抜けるプロセスを体感することになる。
筆者は抜け出てベッドから降りたあたりで戻ってしまったのだが、
最近はあまり金縛りは無い。
もっとも、あまり進んで体験したいとは思わない。

この現象はきっと、不規則な生活をしている時などに幽体がスムーズに抜けず、物理的に体からずれてしまうのが原因だと思う。



プリンタ用画面
投票数:16
作成:2010-11-20 admin
前
フルータリアンとヴィーガン2
カテゴリートップ
霊的ベジタリアン生活
次
雑記

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

霊的検索
カテゴリ
霊的真理総合
シルバーバーチの教え Teachings of Silver Birch
イエスの言葉に習う
霊的ベジタリアン生活
霊的ベジタリアンレシピ
ベジタリアン御用達食品
断食
霊的真理本・サイト・その他
新着コンテンツ一覧
Copyright © 2010 霊訓.com All Rights Reserved. 霊訓.comはリンクフリーです。