Welcome Guest 
序文

ハンネン スワッファー

我々がシルバーバーチと呼んでいるのは、レッドインディアンではない。
実は我々は、彼が誰だか分からないのだ。我々は、シルバーバーチが所属する高いバイブレーションの世界からは何か他の霊媒で間接する以外は地上に現れることができないので、レッドインディアン霊のアストラル体を着てその名前を使用していると見ている。いずれにせよ彼は『ハンネンスワッファー・ホームサークル』として知られているものの指導霊である。

彼は最近こう言った。
『いつの日か貴方がたに私が誰だかを打ち明ける日が来るでしょう。』
『知れた名前など使用せずに、説く話の真実性によって私自身を証明し、貴方がたの愛と献身を勝ち取るためにインディアン霊の中に入らねばならなかったのです。それは神の摂理です。』

彼が一度だけ、名前を明かしそうになったことがあった。17ページに記載されている彼の使命に関する記載の中でのことだった。『(中略)私は仰せつかりました… ・・・今、本名を言ってしまうところでした。』

シルバーバーチが身近な存在になったのは、私が1924年にスピリチュアリストになってすぐのことだった。それ以来、一度につき1時間以上は教えや指導、助言を受け、愛を学び、そして地球上のどんな存在よりも彼を敬愛することになった。
彼は最初は意外な方法で地上に働きかけた。あるスピリチュアリズムを勉強している18歳の無神論者の若者が、冷やかしでロンドン郊外にある最貧街のひとつにある交霊会に出席した。若者は『老女が東洋人などに化けた』といって大っぴらに笑い飛ばして叱られたが、入神状態の霊媒は『貴方は間もなく同じ事をするでしょう。』と言った。若者は半信半疑で交霊界に出席したにも関わらず、次の週再びその交霊会に戻ってきたのだが、今度は半分居眠りをしてしまいその事を詫びると、『今貴方は入神しておられたのですよ』と言われ、隣の席の人から、『貴方の指導霊が名前をおっしゃって、貴方を長年ずっと訓練してきていて、間もなくスピリチュアリストの演壇で講演するようになるとおっしゃってましたよ』と言われた。若者は再び笑い飛ばしたのだった。
※訳者注 ここでいう霊媒とはサイキックニューズ紙の編集長であったモーリス・バーバーネルのことであるが、サイキックニューズ掲載時は霊媒の名が明かされていなかったので、単に「若者」や「霊媒」と書かれている。

当初シルバーバーチはお粗末な発音の英語で非常に辿々しく話した。
数年が経過すると、彼はその若者の霊媒をコントロールするに連れて、英語の知識が素晴らしく改善され、分かりやすくて雄弁ですらすらと出る彼の英語は、私の知るどんな演説者をもよく上回っていた。

『霊媒がトランス状態にあることはどうやって分かるのでしょうか』という質問を受けたことがある。シルバーバーチが霊媒を使って話しているとき、彼は針を霊媒の手に刺しますといい、本当に深く針を刺した事が一度ならずあった。入神状態が終わると霊媒は何も感じず覚えていなかったという。針を刺した痕跡も残っていなかった。

その他では、『霊媒の潜在意識が話をしていないとは言い切れないのではないか』という質問を受けたことがある。
シルバーバーチとその霊媒は、ある点で相反していた。シルバーバーチは生まれ変わりを説くが、霊媒は生まれ変わりを否定している。にもかかわらず、入神すると生まれ変わりを説く。

その他の興味深い事といえば、これはシルバーバーチの霊言がサイキックニューズに掲載できるように速記者が記録を取る様になる前のことだが、霊媒が夜眠りにつく時に、入神状態のときに言ったことを思い出すのだった。
これは若者が霊媒になることに同意した時、入神時に自分が何を話したかを知ることができるようにという、シルバーバーチと交わした約束だった。
直接録音されることが始まると、この現象はすべて無くなったのだった。
交霊会の次の日の朝、霊媒は記事を読むと、自分の口から出た言葉の美しさに驚いたものだった。
シルバーバーチは教師である。病気治療などを行わないし、滅多に証拠を提供しない。
時折彼は霊媒の習熟度を、教えを説くことのみに制限してしまったことを後悔していると謝ります。彼は教えを説くことが自分の使命だと見做していますが、他に証拠を残すことが必要とされていることも認めています。

最近、私は牧師やジャーナリストなど、世界中の各分野の人をシルバーバーチの教えを聞かせに連れて行った。シルバーバーチが言ったことに対して、誰からも批判の言葉は聞かれたことが無かった。
ある神学的な難事をぶつけた牧師がシルバーバーチが『神の摂理』について説明したとき、シルバーバーチの簡単な言葉で何も反論できなくなり、静かになってしまったことがある。
私は『貴方が考えうる最も難解な疑問を書いておくように』と事前に牧師に言っておいた。牧師は牧師仲間に良くないことを聞かされていたスピリットガイドの一人をやりこめようと必死だったが、シルバーバーチが難解な神学をとてもシンプルに説いたので、牧師は困惑して去っていったのだった。

さて、シルバーバーチを指導霊とする私のハンネン・スワッファーホームサークルでは、毎週金曜日に行われる。サイキックニューズは毎週定期的にシルバーバーチが言った言葉をそのままの状態で記事にして発行される。我々のホームサークルは個人使用のためにあるのではなく、世界中に正しいことを広めるためにある。
結果として、シルバーバーチは地上のいかなる説教師よりも多いファンを輩出させた。ファンは、全地域の、ほぼ全ての民族、全ての人種に渡っている。
だが、印刷された活字ではシルバーバーチの人柄の内、高潔さ、暖かさ、威厳さより多くを伝えることは出来ない。それらは時々出席者を感涙させる。我々は偉大な高級霊の前にいることを承知しているが、彼は謙虚に話す。決して人の非難をせず、欠点を見い出さない。

教会ではナザレのイエスについて語るが、実際はイエスについて少ししか知らないし、その存在について証拠を全く持っていない。シルバーバーチはその『ナザレ人』について、彼がコンタクトを取っている霊的存在のうち最高の霊格を持つ存在としている。長い年月の交流で証明されたように彼は嘘をつくことがないということを承知しているので、我々はシルバーバーチの言う通り、新約聖書のイエス・キリストは地上で齎した霊的な使命に今なお従事していると確信している。「見よ! 私はこの世の終わりまで常にあなたたちと共にいる」というイエスの言葉には教会では説明は出来ない意味があるのだ。

この先のページで、貴方はシルバーバーチの教えを読むことになるが、予め知っておいて頂きたいのが、この文章はシルバーバーチのスピーチの素早さと同じペースで打てるよう厳しく訓練された点字速記者によって、暗闇の中で記されたということである。シルバーバーチの言葉は訂正される必要が無いくらい完璧な英語で、句読点だけは挿入される必要があったが、それさえもいつも自然に決まるような文章であったので、ミスされることはなかった。

シルバーバーチの考える哲学は、簡単に言えばいわゆる凡神論であり、神は大自然の中にあって全てを支配する永遠不変の存在であり、その神とは自然法則のことである。シルバーバーチは言う。『貴方は神の中にあり、神は貴方の中にあります。』我々人間は発展途上中の神であり、絶対的な創造原理の一部分を成していることになる。シルバーバーチの霊言は止まない。
彼は我々が地上に仕事をするために来ている、ということを何度も説き、
宗教とは『奉仕』をすることだと一言でいい、お粗末なやり方かもしれないが、我々が戦争を終結させ、貧困をなくし、神の恩恵を世界中の全ての人に行き渡せるために地上にいることを力説する。

「我々が忠誠を捧げるのは宗教ではなく、教義ではなく、書物でもなく、教会でもなく、生命の大霊と永遠不変の自然法則です。」

彼のサークルには3人のユダヤ人とその他が3人の計6人で構成されていた。スピリチュアリズムでは人種や宗教上の違いによる差別は無い。3人は不可知論者で、もう一人は参加して間もない元メソジスト派の牧師で、メソジスト派の教義を信じられなくなって脱会した人である。
時折シルバーバーチは気分転換のために、他の霊が霊媒をコントロールすることを許した。ノースクリッフ、ゴールズワージー、ホール・ケイン、ギルバート・パーカー、ホーラス・グリーリー、ディック・シェパード、リンカーン、サークルのメンバーの親しかった知人などが交霊会を訪れて語った。それらは、別の巻で紹介されている。
シルバーバーチとの長年の交霊会で、彼が何かを言い忘れたりしたことは一度も無かった。もっとも我々は言い忘れたことがあるかもしれないが。
シルバーバーチは、自分自身で選択した、より単純でより慈悲深い生き方を神の子達に説く使命から決して逸脱することがない。


原文

FOREWORD

By HANNEN SWAFFER

SILVER BIRCH, as we call him, is not a Red Indian. Who he is, we do not know. We assume that he uses the name of the spirit through whose astral body he expresses himself, it being impossible for the high vibration of the spiritual realm to which he belongs to manifest except through some other instrument.
He is the spirit guide of what is known as “HANNEN SWAFFER’S HOME CIRCLE.”
“One day I will tell you who I am,” he told us recently. “I had to come in the form of a humble Indian to win your love and devotion, not by the use of any high-sounding name, and to prove myself by the truth of what I taught. That is the law.
Once, he nearly gave himself away, for, in describing his mission, in the words used in his own story, printed on Page 17, he began: ‘.‘They said to me… I nearly used my real name then.
Now Silver Birch came into my life soon after I became a Spiritualist in 1924. Ever since then, I have listened, for an hour and more at a time, to his teaching, his guidance and his counsel, and learned to love and respect him more than I love and respect any earthly being.
He first functioned in an extraordinary way. A young man of eighteen, an Atheist who was making a study of Spiritualism, went mockingly to a circle in one of the poorest of London’s suburbs.
He laughed outright when, to use his own words, “Old women became Chinamen and all sorts of things,” only to be reproved by a medium who, in trance, said: “You will be doing this before long.”
Although he went away incredulous and skeptical, he returned the next week to the circle and then, half—way through, apologized for having fallen asleep. “You have been in trance,” said someone sitting next to him. “Your guide gave his name and said that he has been training you for this for years and that, before long, you will be speaking on Spiritualist platforms.” Again, the young man laughed...
In those days, Silver Birch spoke very few words of English, and those with a very crude accent. As the years passed, for he began to control his new-found medium often, his knowledge of our language so improved that his simple eloquence flow often transcends that of any speaker to whom I have ever listened. ‘How do you know that the medium was in trance” I have been asked.
On more than one occasion Silver Birch, speaking through his medium, has told us to stick a pin in the medium’s hand, and then to stick it in deeper. When coming out of trance, the medium has not remembered feeling anything. Nor has any mark been visible.
“How do you know it does not come from the medium’s subconscious mind?” is another question. Well, in some ways, the two contradict each other. Silver Birch teaches Reincarnation. The medium himself turns down this theory and yet, in trance, confounds himself.
Then another curious little thing is the fact that until, so that the guide’s words could be printed in Psychic News, a reporter started to take them down, the medium always remembered, just as he was going to sleep that night, what had been said while he was in trance.
This was because, when consenting to be a medium, he had extracted from Silver Birch a promise that he would know what had been said. Directly we started to record it, all this stopped. Now, the medium reads, next morning, the report of the sitting and is amazed at the beauty of the language that is uttered through his lips. Silver Birch is a teacher. He does not heal. He seldom gives evidential messages.
Now and then, he apologizes for that, saying that he often regrets that he confined his mastery of the medium to teaching. Although he regards this teaching as all - important, he recognizes that the world needs evidence of Survival.
During recent years, I have taken all sorts of people to hear Silver Birch talk - ministers of religion, journalists, and people from all parts of the world. I have never heard from any one of them a word of criticism of anything he said.
One person who took to him his theological difficulties found himself reduced to silence when, in simple words, Silver
Birch explained what he calls “the Law”.
“Write down the most difficult questions you can think of,” I had said to the minister, beforehand. He went along, eager to challenge one of those spirit guides he had heard so often condemned by men of his cloth. He came away confounded. Silver Birch had made difficult theology too simple for a theologian.
Now my home circle, of whom Silver Birch is the guide, sits every Friday night. Regularly every week, Psychic News prints a verbatim record of what he says. It is given to our home circle not for our private use, but so that it can be broadcast right across the world.
As a consequence, Silver Birch has more followers than any earthly preacher. They belong to every clime and to almost every race, and are people of all shades of color.
Yet, put down in cold print, Silver Birch’s words cannot do more than convey a little of the nobility of his character, the warmth of his friendship and the natural dignity of his utterance. Sometimes, they compel tears. We know that we are in the presence, however humbly he may speak, of a high, exalted spirit. He never reproves. He never finds fault.
The Churches talk of Jesus of Nazareth, of whom they know little, and of whose existence they have no proof. Silver Birch talks of “The Nazarene”, as he calls him, as the highest of all the spiritual beings with whom he has contact, and, as Silver Birch has proved to us, after years of close association, that he could not lie, we know, if only because he says so, that the Jesus of the New Testament is still functioning, still engaged on that divine mission which once brought him to this earth, So, to us, the words, “Lo, I am with you always, even unto the end of the world,” have a meaning which the Churches cannot explain.
When, in the pages which follow, you read Silver Birch’s teaching, you must understand that it is all written down in the dark by a reporter who uses Braille notepaper, and who, expert stenographer though he is, is often tested severely to keep pace with the rapidity of Silver Birch’s speech. On no occasion has a single word to be altered. Silver Birch’s words flow in perfect English. Only the punctuation marks have to be put in, and even for these there is always a natural place which could not be mistaken.
Silver Birch’s philosophy, as you will easily understand, is that of a Pantheist, a man who realizes that God is found in Nature itself, that there is an unalterable Law which governs everything, and that God is the Law.
“You are within the Great Spirit,” says Silver Birch, “and the Great Spirit is within you.” So we learn we are all potential gods, part of the great creative principle which is everything.
Yet Silver Birch does not stop at unapplied philosophy. He forces home, always, the lesson that we are here to do a job. He sums up religion in the one word “Service,” and strives to teach us, clumsy instruments though we may be, that we are in this world so that we may make an end of war, abolish poverty and hasten the time when God’s bounty will be spread in all its lavishness among all the peoples of the world.
“Our allegiance,” says Silver Birch, “is not to a Creed, not to a Book, not to a Church, but to the Great Spirit of Life and to His eternal natural laws.”
So it is that the members of his circle, six in number, include three jews and three Gentiles, who find in Spiritualism no racial or creedal difference. Three were Agnostics and a fourth was a Wesleyan minister who, just before he joined our circle, had left Methodism because no longer could he accept its teachings.
Sometimes, to vary the sittings, Silver Birch allows some other spirit to control his medium. So we have been visited by Northcliff, Galsworthy, Hall Caine, Gilbert Parker, Horace Greeley, Dick Sheppard, Abraham Lincoln and personal friends of the sitters. Still, all that is for another book.
During my years of sitting with Silver Birch, I have never known him to forget anything, although we may do so.
And never, by any syllable, does he depart from his self-chosen mission to instruct the children of men in a simpler and more beneficent way of life.

資料協力:Etheria出版
プリンタ用画面
投票数:10
作成:2010-12-7 admin
カテゴリートップ
シルバーバーチの教え Teachings of Silver Birch
次
編集者ノート

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

霊的検索
カテゴリ
霊的真理総合
シルバーバーチの教え Teachings of Silver Birch
イエスの言葉に習う
霊的ベジタリアン生活
霊的ベジタリアンレシピ
ベジタリアン御用達食品
断食
霊的真理本・サイト・その他
新着コンテンツ一覧
Copyright © 2010 霊訓.com All Rights Reserved. 霊訓.comはリンクフリーです。