Welcome Guest 
霊的真理では『時間』について、どのように捉えているだろうか。

シルバーバーチは『古代霊シルバーバーチ最後の啓示(ハート出版)』の中で下記のように発言している。

『私たちの世界の太陽は昇ったり沈んだりしませんから、夜と昼の区別はありません。従ってそれを基準にした時間はありませんが、事物が発生し進行するに要する時間はあります。私も本日この場所へやってまいりました。それには時間が掛かりました。』

この、霊界の時間観というのは、シンプルに想像すればそう難しくはない。

想像してほしい。
もし夜が無くなって太陽が永遠に地上を照らし続け、
貴方や地上の生物すべてが最も活発な状態で衰えることなく、死ぬことなく永遠に存在し続けるとしたら、貴方はそれでもまだ時間という観念にとらわれて『1日』『1ヶ月』『1年』という単位を作り、時を数え続けるだろうか?

答えはNOであろう。
日は沈まず、すべてが健全な状態で永遠に死なないとしたら、時を数える必要はなくなるのだから、時間など必要なくなる。

これを霊界に置き換えれば同じ事で、実際に霊は永遠不滅で後にも先にも生き続けるし、霊界は地上の晴れよりも明るい状態が永遠に続いていて、思念も一瞬で届く世界にいるのだから、経過する時間などはあっても、意識されないのだろう。
だが間違ってはいけないのが、霊的真理では『霊界では時間というものが無い』と言っているのではなくて、単に『時間は意識されない』ということだ。

それだけのことである。





プリンタ用画面
投票数:9
作成:2011-10-29 admin
前
人参の種植え
カテゴリートップ
霊的ベジタリアン生活
次
神性を発揮する

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

霊的検索
カテゴリ
霊的真理総合
シルバーバーチの教え Teachings of Silver Birch
イエスの言葉に習う
霊的ベジタリアン生活
霊的ベジタリアンレシピ
ベジタリアン御用達食品
断食
霊的真理本・サイト・その他
新着コンテンツ一覧
Copyright © 2010 霊訓.com All Rights Reserved. 霊訓.comはリンクフリーです。