Welcome Guest 
トップ  >  断食  >  リキッダリアン
2012年になってから新たに断食を行いました。
断食1日目から7日目までは、水のみで過ごしました。
8日目~12日目までは水・具が無い味噌汁で過ごしました。

7日目までは水だったので、高潔な気持ちでいられて小さな悟りが色々得られるのですが、反面体力がやはり落ちていくのが感じられました。7日目にはやや貧血状態でした。

8日目から具が無い味噌汁で塩分を摂ったので、体調はぐんと良くなった反面、
精神的には普段と同じような感じになってしまい、断食とはいえない心境になってしまいました。

やはり精神修行としてやるなら、ある程度はリスクをおかして水のみで
やるしかないことを悟りました。塩をなめるだけにしておけばよかったかもしれません。

さて、リキッダリアンという人たちがいます。飲み物だけで生きる人たちです。
リキッダリアンというのはようするに固形ではなく液体で栄養を補っているだけなので、やろうと思えばずっと続けられますが、それを長く続けたからって何も得られるものはありません。かえって栄養不足に陥り、偏った思考などが出てくるかもしれません。

また、水も飲まないブレサリアンというのがありますが、これは恐らく現段階の人間では無理だと思います。

水のみで生活するのは、植物も、動物も殺さないでいられるという意味では、意義がありますが、その進化には相当時間がかかるものであり、これを人に勧めるのは現段階ではできません。一生を通じて実行している人もほとんどいません。現代の人間にはやはり、ヴィーガンやフルータリアンなど、その前に踏む段階があります。

それと、効果があるのは『太陽光エネルギー』です。
毎日太陽光を30分づつ浴びると、食べなくてもとても満腹な気持ちになります。
どうしてもやりたければ、断食はまだしないで、太陽を毎日浴びることからはじめると、自然と小食になっていくかもしれません。

しかしこれらは自ら思い立ってやる以外はお勧めできません。

では何故筆者がやったのかというと、それは霊が主人で肉が従者であることを再確認したかったからです。一種の精神修行です。断食で欲をコントロールできると、日常生活においても強い意思を持って肉体をコントロールすることができるのです。ようするに、どんな窮地に陥っても冷静に対処できる心が欲しいからでした。

プリンタ用画面
投票数:54
作成:2012-2-10 admin
前
復食3日目
カテゴリートップ
断食

コメント一覧

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

霊的検索
カテゴリ
霊的真理総合
シルバーバーチの教え Teachings of Silver Birch
イエスの言葉に習う
霊的ベジタリアン生活
霊的ベジタリアンレシピ
ベジタリアン御用達食品
断食
霊的真理本・サイト・その他
新着コンテンツ一覧
Copyright © 2010 霊訓.com All Rights Reserved. 霊訓.comはリンクフリーです。